水虫 皮膚科

水虫になったらすぐに皮膚科へ

今年の夏はじめて水虫になりました。
私にとって水虫は「おやじ」の病気だと思っていたのでショックでした。

 

足の指の間が赤くじゅくじゅくになりました。「ああこれが水虫か・・・」と最初思いました。

 

市販薬で治療してもなかなか治らないと思って皮膚科へ行きました。
水虫の原因は菌だと言うこともはじめて知りました。
その菌は乾燥と熱に弱いので、足を乾燥させるようにすることと、お風呂にはいることが重要だといわれました。
そうして考えてみると夏は水虫の菌にとってはとてもいい時期なんだなあと思い納得しました。

 

私は昼間革靴を履いていて蒸れやすいので、夜うちに帰ったらすぐにお風呂につかって、暖まるようにしました。
そして風呂上がりに患部にくすりをぬるようにしました。
夏は面倒なので、シャワーで済ませていたのがいけなかったんだと思います。
それから2週間ほどすると足は少しずつ綺麗になって行きました。

 

皮膚科で言われたのは、足が綺麗に治っても菌は完全に死んでいないので、薬がなくなるまでぬり続けてください、ということでした。
面倒なんですが、私はそれをしっかり守ってぬり続けました。完全に死んでいたら来年は出ないでしょうから、楽しみです。

 

 (20代前半 女 m実)